素朴な疑問

日本で一番、喫茶代にお金を使う都市はどこ?

 

マキタ(Makita) チップソー カッタ 185mm 4130N

テクロック デジタルインジケータPCシリ PC465J

 

自宅で過ごす時間が増えているものの、時には喫茶店でコーヒーを飲みながら、ゆったりした気分を過ごすのが大好きなワタシです。

 

ワタシたちが若いときに比べたら、コーヒーチェーン店の数も種類もずいぶん増えたし、喫茶店に使うお金って、みんな割と増えていそうですよね。一年にいくらくらい使っているのかしら? 気になったので調べてみました。

 

【送料無料×10個セット】【第2類医薬品】ペアアクネ リキッド治療薬 120ml 第二類医薬品

富士元 面取りカッター 25° シャンクφ32 NK2535T

 

この年間の支出金額を時代による価格の変化分を除いた指数で見てみると、2013(平成25)年以降は増加傾向で、2016(平成28)年では、10年前に比べて17.2%も増えているのだそうです。確かに10年前に比べれば、ワタシも喫茶店の利用頻度は格段に増えています!

 

富士元 エコメン2 NKL3036T

一世帯当たりの喫茶店への年間支出金額(※)
第1位    岐阜市     1万5018円
第2位    名古屋市 1万2945円
三菱K テーパードリル39.0mm TDD3900M4
第4位  神戸市 8992円
中軽量棚ML型 サカエ ML-3565R
※2014(平成26)~2016(平成28)年平均

 

これを見ると、トップ5に大都市が多いのは、やっぱり喫茶店の数が多くて気軽に入れる環境だからこそなのでしょうね。

 

三菱K ロングテーパードリル LTDD1500A600M2

 

岐阜県や名古屋市の喫茶代が多いのはなぜ?

調べてみると、岐阜県や愛知県は、人口当たりの喫茶店の数が多くて、多くの人々に喫茶店を利用する習慣が根づいているようです。そして、朝の時間帯にコーヒーなどのドリンクを1杯注文するだけで、トーストやサラダなどの「おまけ」が無料で付いてくるという「モーニング」サービスが充実していることも、岐阜県や愛知県に喫茶店文化が根付いている理由のようです。

 

モーニングは、チェーン店ではトーストにゆで卵といったシンプルなセットが多いようですが、個人経営の喫茶店になると、おにぎりとみそ汁や、カレーライス、お寿司など、ボリュームたっぷりな独自のサービスがあるようです。

 

さらには、岐阜県や愛知県の喫茶店は、座り心地のいいソファーに、たくさんの雑誌や新聞などがあり、気取らず自分の家にいるような感じでのんびりと過ごせる店が多いのが特徴。
その居心地のよさから、地元の方たちにはそれぞれ行きつけのお店があって、ついつい足を運んでしまうのでしょうね。

 

ああ、朝から喫茶店でゆっくり過ごすなんて、想像しただけでいいわねえ。
 

 

■人気記事はこちら!

 


 

【スーパーSALE限定クーポン&エントリーでPアップ!~12/11 1:59迄】ギャッベ 北欧 約140×200cm 手織り ラグ・マット 絨毯 屋内 室内 ギャベ フリンジ L1 GY/L2 GN/L3 BK/L4 OR/L16/L17/LORRI BUFF LONDON MU【第2類医薬品】【10個セット】 ペアアクネリキッド治療薬 120ml×10個セット 【正規品】

   XLF446UTNJ LE9 (XLF446UTNJLE9) パナソニック 40形 非常用LEDベースライト・階段通路誘導灯

   DOTOUT/ドットアウト Dots W トップ ライト グレー-ブルー アンダーウェア

   
 

小倉トーストが無性に食べたくなってきました。

 

イラスト:飛田冬子 

 


\この記事をみんなに伝えよう/

FATZ.VN RSS